スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術前の検査

2006-12-22 22:55

今日、兵庫県立こども病院へ息子の目の検査に行って来ました。

年明け早々に斜視の手術を控えているので、そのための検査です。

今日検査したのは、目と血液と胸のレントゲンでした。

目の方は斜視の方の左目をあまり使っていないようだったので、手術までの数週間も

右目にアイパッチを貼って左目をなるべく使うように、と言われたので

家に帰ってから早速アイパッチをペタッと。。。案の定最初はすごい嫌がって泣いたけど

5分もしないうちに慣れて普通におもちゃで遊んでました(^^;

目の検査もレントゲンも泣くことなくニコニコで受けた息子ですが、やっぱり採血の

針チクリは痛かったみたいで激泣き(><)

動かないように専用の袋みたいなのがあって、それにくるまれて身動き取れず

ただひたすら痛そうに泣いてました。。。そりゃそうだよね、大人だって刺される瞬間は

痛いんだもんね(><)よく頑張った頑張った(^^)終わった後もしばらく泣きの余韻で

しくしく。。。(^^;ずっと抱っこして抱き締めてようやく鎮火…。

お医者さんがおっしゃるには、斜視の手術をすれば目の寄りは治るそうです。

ただ、左目を使わない癖がついているので、術後ももしそうだったらまたアイパッチで矯正

する必要があるかもしれませんとのこと。でもそれは覚悟してました。

手術は斜視の筋肉を正常に戻すためのものであって、視力を上げるものではないから。

これは母親が根気良く術後も矯正して、アイパッチ無しでも左が右と同じように使えるように

してあげないといけません。それができてやっと手術は成功と言えるでしょう。

だから頑張ります!手術されてアイパッチ貼られてる息子が一番頑張って耐えてんだから

お母さんも一緒に頑張らないとね(^^)そして、何も記憶が残らないうちに全て治して

あげて何も無かったかのように成長していってほしいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆうぽんママ

Author:ゆうぽんママ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。