スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初レッスン♪

2006-10-06 17:43

昨日ピアノの初レッスンをしました。

生徒さんは50代女性で、小学校以来ピアノには触ったことがないとのことだったので

それなりに覚悟していました。けど実際レッスンしだしたらけっこう弾けるもんです(^^)

まずは指番号を覚えてもらうため、簡単なゲームをしました。

指番号とは親指=1、人差し指=2、中指=3、薬指=4、小指=5と、番号付けしたもののことです。

番号で言うことによっていちいち「親指の次は人差し指をまわして~」とか言わなくて済みます。

リズムに乗って私が先に「1!」と言ったら親指を机の上に乗せる、みたいなゲームだったんだけど

ランダムに色んな番号を言って反射神経を試しているようでとっても盛り上がりました(^^)

そして番号を覚えたら今度は鍵盤を使って実際に指の練習。

でもただ単にドレミファソラシド~とかって弾くのではなくて、私なりに工夫した音階を

弾いてもらいました。とりあえず意味もわからず私の言った音を弾いてもらって

弾けるようになったらタネ明かし♪

実は練習の音階の並べ方を帰ると「愛の挨拶」って曲になっちゃうんです。

初めての人って最初から無機質な音階を練習させても面白くないから喰いつかないんです。

だから「ん?なんか変な音階練習。。。」って半信半疑に弾いてた音階が並べ方を変えただけで

美しい旋律になって本人もびっくりしていました。同時に自分がいきなりクラシックの旋律を

弾いてしまっていることに本当に喜んでくれました。

そんなこんなであっという間に時間は過ぎて「友達にさっそくメールしよ~~~!」って

言って喜んで帰って行ってくれました(^^)

なんか私もレッスン内容を組み立てたり、あれこれ考えたりしているうちにすごく気が張って

いたみたいで、終わるとどっと疲れが出てきました(^^;

レッスンまでの3日間くらい色んなことを考えすぎて連日朝方まで寝られなかったので

昨日は旦那が帰ってくる前にご飯も作らず息子と寝ちゃってました(^^;

こりゃイカンイカン。。。

けど音楽って本当にいいもんです(どっかの映画評論家みたい?!)

生徒さんに最初から最後まで言ったのは「楽しんで」ってこと。

音楽はそもそも自分の中から出てくる躍動とか憂いとか切なさとか幸せとかを

どうにか表現したくて音にしたものです。

だから元々は人間そのものが楽器なんです。けど、人間には声域の限界とかがあるから

その代わりに自分の中から涌き出て来る音楽を表現してくれるのがピアノとかといった

「楽器」なんです。

だから、楽器に支配されちゃうと音楽って面白くもなんともないんです。

楽器なんてものは自分の内から出てくるものを代わりに音にしてくれている「手段」だから。

それを生徒さんにも伝えました。「ピアノに支配されないで~」って。

詰まり詰まり途切れ途切れ弾いている段階でも心で音楽を感じていてほしいんです。

指がまだそれに付いていかなくても最初は気にしなくていいんです。

指なんてものは訓練すればどんなに高齢の人でも必ず100%動くようになるんだから(^^)

でも「音楽を常に心で感じる」ってことは最初から癖付けないと、後からはどうにもなりません。

生徒さんにも家で練習する時「必ず鍵盤を弾く前に声でメロディーを歌って下さい」って

言っておきました。心ではメロディーを美しく感じれるし、歌ではきれいにスムーズに歌えるのに

指が弾くと付いていかないの。。。ってなると悔しくて練習するしね(^^;

その生徒さんはかなりの負けず嫌いでした。だからそれも踏まえてその練習法を宿題として

出しました(^^)

どう??私の初回レッスンの内容は。。。

皆さんのご意見下さい(^0^)もっともっと勉強、改善してもっともっと実のあるレッスンに

していきたいと思います♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆうぽんママ

Author:ゆうぽんママ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。