スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直な思い

2006-04-16 22:40



写真はうちの息子の寝顔。おもちゃをくわえたまんま寝てしまってその姿があまりにも
愛しかったので写真を撮りました。

この子が私を選んでお腹に宿り、生まれてきてくれて現在に至っている現実。
成り行きのように思うこともあるけど決してそうではないんだよね。

この子に会えたのは私がこの世に生まれてきたから。
お母さんが産んでくれたから。
お母さんがお父さんを好きになったから。
お父さんとお母さんをおじいちゃんおばあちゃんたちが産んでくれたから。
息子のパパがこの世に生まれてきてくれたから。
パパをパパのお母さんが産んでくれたから。
パパのお母さんがパパのお父さんを好きになったから。

・・・こんなふうにいっぱいの運命が重なって息子が私をママとして選ぶことができた。
こんなにたくさんの運命と偶然が、息子が私のお腹に宿るための階段をつないでくれた。

人が一人生まれるためにはごく当たり前のことなんだろうけど、こうして息子の愛しい寝顔を
見ているとそんな当たり前のことに今更ながら感謝してしまう。

そして私は毎日この子に守られながら日々お母さんになっていってる気がする。
私が息子を守ってるんじゃない。息子が私を守ってくれている。
だってこの子のために前よりずっと自分の健康に気を使い始めた。
この子のためにもっと強くなりたいとも思った。
そんなふうに思わせてくれるってこと自体がもうこの子に強くしてもらってるってことなんだよね。
何かの本で読んだことがあるんだけど、人って自分を守ろうとすると弱くなっちゃって、
自分以外の大切な人を守ろうと思うと強くなれるんだって。
この子を守るためにママは強くなれた。それって結果的にこの子に強くしてもらったのと同じこと。

産まれて来た時の生死をさまよったハンディも、目のハンディも、成長の遅さも
こういう個性を持った息子を「このママなら育てられる」って神様が見極めてくれて
授けてくれたって思うようにしよう。
まだまだ新米だから息子と一緒にワンワン泣くときもある。けどね、この子の寝顔を見たとき
その日一日分の愛しさがフワ~~!って押し寄せてくる感覚。
自分が子供を持って、自分のことのようにただ無条件に当たり前に愛せる存在だと
感じた時、自分の親への愛情に素直に感謝できる。
恥ずかしくて親にはそんなこと言えないけど、いつかありがとうって言えたらいいな。

なんか今日は息子の寝顔からそんな素直な気持ちになれたので、ありのままの思いを書きました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆうぽんママ

Author:ゆうぽんママ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。