スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動のお誕生日

2006-01-09 01:22


1月7日(土)、うちの息子の1歳の誕生日でした。

昼間は私の実家で姪や甥たちが一緒に祝ってくれて、写真のケーキを息子も美味しそうに
頬張ってました(^0^)

ちょうど1年前のこの日、長い長い時間をかけて息子はようやく産まれたと思ったら
産声を上げてくれませんでした。

「大量吸引症候群」出産が長時間にわたったため、胎児にストレスがかかり羊水の中で
便をしてその汚れた羊水を飲み込んでしまった状態だと言われました。

器官と肺に汚れた羊水が溜まり、呼吸が出来ない状態です。すぐに応急処置をして救急車に
乗せられ専門病院へ運ばれた息子。でも私の意識は長い出産のせいでもうろうとしていて
その時は現状を把握できませんでした。

息子の状況が深刻なものとわかってきたのは次の日くらいかな。
私は産院で入院、息子は専門病院で入院、と離れ離れになって担当医から息子の症状を
電話で聞きながら母乳を搾っては冷凍して、旦那に息子のもとへ届けてもらうようになって
言い知れない不安に押し潰されそうでした。

ようやく私も外出許可が出て、息子に会いに行くとたくさんのチューブにつながれ
呼吸器を口から入れられている状態でした。
けれど息子はそんな状況でも必死で生きようとして、驚く生命力で日に日に元気になり、
私が先に産院を退院する頃には直接母乳を飲ませられるようになったんです。

産まれてから1週間で初めて元気良く泣いてくれて、私もその声を聞いて泣きました。
看護婦さんも涙をうかべて喜んでくれたのを今でも覚えています。
自分で泣いて、欲求を知らせられるようになればすぐに退院できると言われていたので
本当にあの日のことは一生忘れないと思います。

産まれて何分か呼吸がままならなかったので、後遺症が出るかもと心配しながらの1年でしたが、
そんな息子も感情豊かに、そしてとっても元気に1歳のお誕生日を迎えることができました。

今こうして息子の誕生日を祝ってあげらて、素直にいろんな人やものに感謝の気持ちで一杯です。
まだまだ同じくらいの子よりは成長が遅く、つかまり立ちもままならない状態なので後遺症の
心配は全く消えたわけではありませんが、心の成長は目をみはるものです(^^)

怒られたと思ったら泣きまねをしてこちらの様子をチラ見したり(笑)大人の真似をしたがったり
物を取るとすごく怒ったり、寂しい時はすり寄ってきてギュ~って甘えたりほんとに1歳か??
って思うような仕草をしてくれるので毎日がすごく楽しい(^^)

この1年は初めての育児で記憶が無いくらいドタバタと過ぎていったけど、息子の成長には
ホント頭が下がります(^-^)
この子が生まれてきてくれて本当に良かった。ありがと(^0^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆうぽんママ

Author:ゆうぽんママ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。