スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸のリアルな現状

2009-05-17 20:44

  今日、思いつく限りの薬局を開店時間に合わせ巡りました。



  結果、マスクはひとつも買えませんでした。




  周囲を見ても外に出ている人はほとんどなく、悪天候のせいもあるのかもしれないけど



  町はひっそりとしていました。






  それでも主婦は買い物に行かなくては子供にご飯すら食べさせられません。


  
  実家にあったマスクを今いる分だけもらって、ゆうちゃんをバーバに預けて



  私一人でスーパーへ行くと…







  ある記憶が戻ってきました。






  阪神淡路大震災直後の神戸。




  陳列棚にはほとんど商品が残っておらず、買い物客はカゴいっぱいに買い溜めをしています。



  これから極力外出しなくていいように、と。



  神戸は今私の目にうつる現状を見ても切実な事態になっています。



  大震災の時の「水」が「マスク」に変わっただけのような状況。



  ニュースではそこまでは感じ取ることはできません。



  小さな子どもを持つ私にとって今一番の脅威は根拠の無い自信を持っている人かな。。。



  自分は大丈夫、と思っている人が外を歩かれることが一番怖いです。



  もう感染はニュースで伝えられている人数のゆうに100倍は広がっていることでしょう。



  隣に歩く人にうつされたり、自分が媒体になってしまう危険性がもう現実になって


  きているのです。



  神戸市灘区、東灘区、中央区、長田区、兵庫区、北区が現在休校措置をとっています。


  が、


  なぜ須磨区、垂水区、西区がまだ休校措置をとらないかが不思議でなりません。


  西区に住む同僚は娘を休ませると言っています。


  


  テレビで安全な場所にいる偉い人たちが



  「弱毒性で、パニックになる必要はない」と言っていますが、



  あのねぇ・・・



  怖くて怖くて仕方ないんよ・・・


  目に見えないから。


  隣にいる見ず知らずの人が怖くて仕方ないんよ・・・




  子供を目に見えない脅威からどうやって守るのか。。。


  生きていかなくてはならないから、家から一歩も出ないわけにはいかないんです。



  お願いだから子供用のマスクだけでももっとばらまいてほしい。。。


  他府県からも援助をしてほしい。。。


  

  こんな時こそ落ち着いて冷静な判断、行動をすべきなのですが


  「予防」「用心」はしても過ぎることはないと思います。


  今日、埼玉に住む親戚がマスクを大量に送ってくれることになりました。


  本当に本当にありがとう、おじさん。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆうぽんママ

Author:ゆうぽんママ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。